「外国人労働者問題啓発月間」のお知らせ[大分労働局]

6 月は「外国人労働者問題啓発月間」です。


                                                     大分労働局

【標語】 知って守って働きやすく! ~外国人雇用はルールを守って適正に~

 

 厚生労働省では、毎年6月を「外国人労働者問題啓発月間」と定めて、労働条件な どルールに則った外国人雇用や高度外国人材の就職促進について、事業主や国民を対 象とした集中的な周知・啓発活動を行っています。  また、平成 301225 日に開催された、「外国人材の受入れ・共生に関する関係 閣僚会議」において、「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策」が取りまと められ、外国人との共生社会の実現に向けた環境整備が必要との方針が示されたこと 等を踏まえ、外国人労働者が安心してその有する能力を有効に発揮できる環境を整備 するため、「外国人労働者の雇用管理の改善等に関して事業主が適切に対処するため の指針」(以下「外国人雇用管理指針」という。)が見直され、平成 3141 日より施行されております。 更に、今般、新たな在留資格「特定技能」を有する外国人の受入れが、平成 3141 日から開始されております。 このため、大分労働局(局長 坂田 善廣)は、外国人雇用管理指針と併せて、制 度の周知・啓発を行い、外国人労働者の雇用管理の改善や適正な労働条件の確保など のために、以下の取組を実施します。

 

 

1 事業主などに対する周知・啓発、指導 労働局、労働基準監督署、ハローワークは、事業主などに対し、あらゆる機会を 利用して外国人の雇用・労働条件に関する取扱いの基本ルールについて情報提供や 積極的な周知・啓発、指導を行います。 また、事業主団体などを通じて外国人労働者問題に関する積極的な周知・啓発を 行うよう協力依頼を行います。

 

 

 

2 三省庁及び外国人技能実習機構合同による外国人労働者就労事業場への現地パト ロール及び事業主に対する外国人雇用セミナーの実施 大分労働局、大分県警、福岡出入国在留管理局の三省庁及び外国人技能実習機構 合同で、外国人が就労する事業場へのパトロール及び事業主に対するセミナーを実 施します。

 

 

 

3 外国人留学生を含む学生向けの「若者・留学生労働問題出張相談所」の設置 大分労働局と別府市役所の共催により、立命館アジア太平洋大学構内に「若者・ 留学生労働問題出張相談所」を設置し、労働相談を行います。 

 


【照会先】

大分労働局 労働基準部

 電 話:097-536-3212 

職業安定部職業対策課

 電 話:097-535-2090