地域別最低賃金額が改定されます[厚生労働省]

地域別最低賃金額が改定されます


厚生労働省

 都道府県ごとに決定される地域別最低賃金額が改定され、10月1日から順次発効します。最低賃金は、最低賃金法に基づき、国が賃金の最低額を定めたものです。

 最低賃金は、パート、学生、アルバイト、嘱託などといった雇用形態やその呼称に関わらず、すべての労働者に適用されます。仮に、労使の合意により最低賃金額より低い賃金を定めたとしても、それは、最低賃金法によって無効とされ、最低賃金額と同様の定めをしたものとされます。地域別最低賃金額以上の賃金額を支払わない場合には、罰金(上限50万円)が科せられる場合があります。派遣労働者は、派遣先の事業場に適用される地域別最低賃金額が適用されます。中小企業・小規模事業者に向けて、生産性向上を支援する業務改善助成金や働き方改革推進センターにおける相談等の支援策を設けています。

 詳細は下記厚生労働省のHPの検索画面又は検索エンジンから「業務改善助成金」で検索してください。

 

https://www.mhlw.go.jp/index.html

 

地域別最低賃金額は以下の通りです。

 

 

ダウンロード
令和元年 地域別最低賃金 改定状況.pdf
PDFファイル 27.8 KB