「Safe Work OITA 令和元年度年末年始無災害運動」の実施について[大分労働局]

「Safe Work OITA 令和元年度年末年始無災害運動」の実施について


大分労働局

 大分県内における令和元年11月15日時点での死亡者は14人と、平成30年の7人から倍増に至っています。 また、休業4日以上の死傷者(以下「死傷者」という)は、10月末時点で938人 と前年同期よりも減少しているものの、22人(2.3%)の減少にとどまっています。

    労働災害防止、職場の安全と健康の確保には、事業者の自主的・継続的な安全衛生活動が必要で、そこには強い積極性が求められます。特に年末年始は長期休暇に合わせた納期や工期の変動、非定常作業の発生、労働者の気分 高揚による注意力の散漫、積雪等の気候的要因による災害発生が懸念されるところで、自発的な災害防止活動を行う必要があります。

    そこで、令和元年度は「令和最初の年末年始安全健康心に誓う」をスローガン のもと、県下にて「令和元年度年末年始無災害運動」を行います。 

 

実施期間 :令和元年12月1日 ~ 令和2年1月15日  

 

主 唱 者:大分労働局 

 

実 施 者:県下各事業場 ・労働災害防止団体  ・事業者団体  ・公共建設工事発注機関 

 

実施事項   :(1)労働局長による安全パトロール   

        (2)労働災害防止団体、事業者団体、公共工事発注機関に対する文書要請

                        (3)労働災害多発事業場に対する、「業種別重点実施事項」による取組を求める個別の要請

                        (4)労働災害防止団体等との合同安全パトロール等   

                        (5)集中的な監督指導、安全パトロール等 

 

労働災害防止団体等の実施事項:(1)本運動の会員事業場への周知、徹底

                  (2)各種労働災害防止用パンフレット、のぼり等の配布

                  (3)安全大会の開催や安全パトロール等 

 

 

お問い合わせ


大分労働局 労働基準部

℡:097-536-3213