新型コロナウイルス感染症に係るセーフティネット保証4号の指定について[大分県]

新型コロナウイルス感染症に係るセーフティネット保証4号の指定について


大分県

 大分県では、新型コロナウイルス感染症に係るセーフティネット保証4号の指定について経済産業省に申請していましたが、この度、大分県全域が指定されることに決定しましたので、お知らせします。

 

 

1 制度概要     

 セーフティネット保証4号とは、中小企業信用保険法第2条第4項第4号に基づき、突発的な災害等により相当数の中小企業者の事業活動に著しい支障が生じている地域を指定し、指定地域において、売上高等が減少している中小企業者が、一般保証とは別枠(無担保8千万円、最大2億8千万円)の保証(借入額の100%を保証)の利用対象となる制度です。

 

2 指定期間

 令和2年2月18日から令和2年6月1日

 

3 利用対象者

 以下の要件のいずれも満たすことについて市町村長の認定を受けた中小企業者が、セーフティネット保証4号の利用対象者となります。

 

(1)指定地域において1年間以上継続して事業を行っていること。

(2)新型コロナウイルス感染症の発生に起因して、影響を受けた後、原則として最近1か月の売上高等が前年同月に比して20%以上減少しており、かつ、その後2か月を含む3か月間の売上高等が前年同期に比して20%以上減少することが見込まれること。 

 

大分県ホームページ

新型コロナウイルス感染症に係るセーフティネット保証4号の指定について

https://www.pref.oita.jp/soshiki/14040/r2se-futyinet4.html

 

経済産業省ホームページ

新型コロナウイルス感染症に係る中小企業者対策を講じます(セーフティネット保証4号の指定)

https://www.meti.go.jp/press/2019/02/20200228001/20200228001.html

お問い合わせ


経営創造・金融課 金融・再生支援班

担当 村上・堀

直通097-506-3226