新型コロナウイルス感染症への対応を踏まえた 2020 年度卒業・修了予定者等の 就職・採用活動及び 2019 年度卒業・修了予定等の内定者への特段の配慮に関する要請について[内閣官房]

新型コロナウイルス感染症への対応を踏まえた 2020 年度卒業・修了予定者等の 就職・採用活動及び 2019 年度卒業・修了予定等の内定者への特段の配慮に関する要請   について


内閣官房

 新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえて、2020 年度(2021 年3月)に卒業・ 修了予定の学生を対象とした就職・採用活動について、政府として就職・採用活動 を行う主体に特段の配慮を要請する事項は、以下のとおりです。  また、2019 年度卒業・修了予定等の内定者の取扱いについても、特段の配慮をお 願いいたします。 

 

<要請事項>

Ⅰ.2020 年度卒業・修了予定者等について

1.企業説明会について

 (必要性の検討)

  ① 現時点で全国一律の自粛要請を行うものではないが、新型コロナウイルス 感染症の拡大防止の観点から、感染の広がり、

    会場の状況等を踏まえ、開 催の必要性を改めて検討すること。 

 

 (開催の場合)

  ② 出席者へのマスクの着用や手洗いの推奨、アルコール消毒薬の設置、こまめな換気の実施など感染の拡大防止に十分配慮す

    ること。

     ③ 学生が出席できなかったことをもって、その後の採用選考に影響を与える ことがない旨を積極的に情報発信すること。 

 

    (中止・延期の場合)

        ④ 学生の交通、宿泊等への影響に鑑み、可能な限り速やかに中止・延期の連 絡を行うこと。

        ⑤ インターネットをはじめ多様な通信手段を活用した代替的な企業説明会 を積極的に実施すること。 

 

2.エントリーシートについて 学生が企業を理解する十分な機会を確保するため、エントリーシートの提 出期限の延長を積極的に

        検討するとともに、こうした対応を実施する場合 には、積極的に情報発信すること。 

 

3.採用選考活動について

        ① 学生が企業を理解する十分な機会を確保し、雇用のミスマッチを防止する ため、令和2年6月1日以降の開始を遵守するこ

             と。

        ② 採用選考日程を後倒しにするなど柔軟な日程の設定や秋採用・通年採用な どによる一層の募集機会の提供を行うとともに、

             その旨を積極的に情報発 信すること。

        ③ 学生の意向にも配慮しつつ、インターネットをはじめ多様な通信手段を活 用した面接や試験を実施するとともに、その旨を

             積極的に情報発信するこ と。 

 

Ⅱ.2019 年度卒業・修了予定等の内定者について

        ① 採用内定の取消しを防止するため、最大限の経営努力を行う等あらゆる手段 を講じること。   

        ② やむを得ない事情により採用内定の取消し又は採用・入職時期の延期を行う 場合には、対象者の就職先の確保について最大

             限の努力を行うとともに、対 象者からの補償等の要求には誠意を持って対応すること。 

 

詳細は、下記HPをご参照ください。

内閣官房HP:www.cas.go.jp/jp/seisaku/shushoku_katsudou_yousei/2020nendosotu/hairyo_yousei.html

 

お問い合わせ


内閣官房副長官補付(再チャレンジ担当)

TEL.03-5253-2111(代表)