時短要請の延長及び時短要請協力金について[大分県]

5月末までであった飲食店等への営業時間の短縮の要請を、6月13日まで延長します


大分県

 

 大分県では、事業者の皆様には引き続きご負担をおかけしますが、新型インフルエンザ対策特別措置法第24条第9項に基づき、県内全域の飲食店等を対象に、延長して営業時間の短縮を要請します。

 

 なお、大分県による要請に応じて、新たに令和3年6月1日(火)~13日(日)の全ての期間に営業時間短縮を行った県内全域の協力事業者の皆様に協力金を支給します。

 

給付金申請等詳細については、大分県ホームページ(https://www.pref.oita.jp/soshiki/14300/)に随時掲載しますので、併せてご確認のほどお願いします。

 

【要請内容】

・営業時間を5 時から21 時までの間とすること

・酒類提供時間を11 時からとし、オーダーストップは20 時00 分まで

 

【要請区域・期間】

県内全域 令和3 年6 月1 日(火)0 時~6 月13 日(日)24 時

 

【要請対象施設】

飲食店営業許可・喫茶店営業許可を得ている施設が要請の対象

(宅配・テイクアウト専門等一部要請の対象とならない施設があります)

 

【留意事項】

・時短したことが分かる書類(※)を整理・保存してください。

※営業時間短縮の状況や酒類の提供時間が分かる書類・写真等(変更前後の営業時間を確認できるチラシなど)

 


(お問い合せ先)

大分県商業・サービス業振興課

TEL:097-506-3283、3284、3289、3290

FAX:097-506-1754

ダウンロード
関係団体宛周知文書0527.pdf
PDFファイル 84.7 KB