豊の国商人塾第35期生募集[大分県商店街振興組合連合会]

豊の国商人塾第35期生募集!


大分県商店街振興組合連合会

豊の国商人塾とは

「豊の国商人塾」は、視野の広いスケールの大きな主導的人材を育成することを目的に、塾頭に故緒方知行氏を迎え、大分県及び大分県商店街振興組合連合会の協働で昭和62年に創設されました。第33期からは、佐々木茂氏を塾頭に迎えました。(創設34年)

名誉塾長 大分県知事 広瀬 勝貞

 

ごあいさつ

 

 昭和62年に創塾した豊の国商人塾は、これまでに886名もの卒塾者を輩出しており、その多くは県内各地で地域経済活性化のリーダーとして活躍しています。

 

 新型コロナウイルス感染症という大変な危機に直面し、地域経済の再生が求められる中、今こそ高い志を持ち、この歴史ある塾で共に学び、地域の担い手として夢と希望あふれる大分県を築いていきましょう。意欲に 満ちたみなさんが入塾されることを期待しています。

 


第35期テーマ

「レジリエントな経営を目指して〜危機の克服を超えて〜」

塾頭 佐々木 茂

東洋大学国際観光学部国際観光学科長、教授、商学博士

 

【専門領域】マーケティング、流通システム、まちづくり、地域発国際戦略

第35期テーマ

「レジリエントな経営を目指して〜危機の克服を超えて〜」

 

 レジリエントな企業とは、「災害や不景気といった経済的なダウントレンドを柔軟に受け止めて、それを反発力に変え、以前より大きく成長する企業」を指しています。

 では、どうすれば、そのような感度の高い企業の姿に近づけるのでしょうか。

 第35期商人塾では、「国際」「情報」「地域」「健康」「マーケティング・流通」「デザイン」という企業を取り巻く環境変化に的確に対処すべきテーマをセレクトし、柔軟かつ積極的に立ち向かっていくことのできる考え方を身につけたいと思います。今回は、毎回のテーマに、さらに具体的なキーワードを用意し、受講者の日々の課題をグローバル・アイ(eye)で俯瞰します。商人塾では、毎期の受講者同士が横のつながりを持てること、35年にわたるOB・OGとの縦のつながりが持てること、そして、講師たちとのグローバルなネットワークを形成できること、そんな強みを生かせるように構成しています。学びと議論を通じて、大いに視野を広げ、活躍していただきたいと思います。



ダウンロード
第35期豊の国商人塾_塾生募集.pdf
PDFファイル 5.1 MB
ダウンロード
塾生申込書210623.xlsx
Microsoft Excel 19.6 KB

お申込み・お問い合わせ


 

大分県商店街振興組合連合会

 

TEL : 097-536-3056  FAX : 097-547-8828

 

 

〒870-0026

大分市金池町3丁目1番64号

 大分県中小企業会館4階