「県民ノー残業デー」及び年次有給休暇取得促進について[大分労働局]

「県民ノー残業デー」及び年次有給休暇取得促進について


大分労働局長

労働行政の運営につきましては、平素より格別の御理解と御協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、長時間労働は、健康の維持や仕事と家庭生活との両立を困難にし‘少子化や女性のキャリア形成、男性の家庭参画を阻む原因のひとつとなっており、その削減は喫緊の課題です。

また、年次有給休暇の取得率につきましては、令和2年に56.6%と、前年より0.3ポイント上昇して過去最高となったものの、依然として、政府目標である70%とは大きな乖離があります。

大分労働局では、長時間労働削減に向けた取組を促すため、11月の第3水曜日(今年度は11月16日)を「県民ノー残業デー」として掲げ、定時退社の取組を呼びかけています。

つきましては、「県民ノー残業デー」の幅広い周知と、年次有給休暇取得促進の気運醸成を目的としたポスター及びリーフレットを作成しましたので、貴職におかれましても、この趣旨を御理解いただき、これらを掲示・配布していただくとともに、広報誌やホームページなどにより周知していただきますよう、御協力のほどお願いします。

なお、本リーフレット等は、大分労働局ホームページ(イベント情報)及び以下に掲載していますので、併せて御活用ください。

 

○働き方・休み方改善ポータルサイト

「地域の特性を活かした年次有給休暇取得促進の取組」コンテンツ

https://work-holiday.mhlw.go.jp/area/?torikumi=4

 

ダウンロード
県民ノー残業デー_チラシ.pdf
PDFファイル 345.7 KB

【担当】大分労働局雇用環境・均等室

TEL: 097-532-4025