第169回(216期)中小企業景況調査(2022年7-9月期)の結果を公表しました[大分県中央会]

第169回(216期)中小企業景況調査(2022年7-9月期)の結果を公表しました


大分県中小企業団体中央会

 

中小企業景況調査は、日本商工会議所、全国商工会連合会、全国中小企業団体中央会の3機関において、同時期に共通の調査票によって実施され、その調査結果については、独立行政法人中小企業基盤整備機構が集計、分析し、報告書の作成を行い、関係機関及び調査対象企業等に、その都度情報提供を行うこととなっております。

 

調査票は、産業別に5種類あり、調査対象期間は第1四半期「4~6月」、第2四半期「7~9月」、第3四半期「10~12月」、第4四半期「1~3月」の四半期としております。

 

中小企業景況調査の目的

 (1)中小企業施策の企画・立案に必要な資料・情報収集

 (2)都道府県の施策立案、中小企業関係機関の診断指導等のための資料提供

 (3)中小企業の経営に必要な情報提供

 

調査結果レポートはこちら